ダイエットにはヘルシーなメニューのゼリーが良いのか

ダイエットと聞くと、食事を我慢している、頑張って走っている、汗を掻くと痩せるのイメージがありますが、実際どのようなダイエットが成功するのかというと、続けていかなければ意味がありません。途中でやめてしまうようなことになると、目標があっても実現しません。まず、楽しく続けてダイエットができるプランを考えていく必要があります。食事制限をし、食べることを我慢するのは、イライラしますし、元気がなくなり、憂うつな気持ちになります。食事制限をするなら、メニューを考え、カロリーコントロールをし、無理のない生活をしなくては、体にも心にも負担がかかってしまいます。心に負担がかかってしまうと、心の病気にもつながるのでしっかりメニューを考え、途中でやめずに続けます。食事は、なるべく低カロリーのものを選びがちですが、そうではありません。低カロリーの食べ物は、すぐにお腹が減ってしまいますし、間食の回数が増えてしまいます。よく取り入れられているのがゼリーですが、すぐにお腹が減ってしまうので、取るタイミングを考えなければいけません。計画を立て、カロリーコントロールをしたメニューを考えているなら、ゼリーを間食で食べても大丈夫です。腹持ちの良い食べ物を取り入れて、間食を減らすと、無理なく続けられます。もち米を使ったちまきは、粘り気があり腹持ちがとても良いです。しかも、豚肉や野菜が入っているので、肌荒れが付きもののダイエットには、最適です。一個あたり約240キロカロリーのちまきは、高カロリーなのですが、一食置き換えるだけで、間食しないですみますので、決して太る原因にはなりません。しかし、間食を少し摂りたくなるようなら、ヘルシーなゼリーを取ると、カロリーもさほど気にならないですし、順調にダイエットが進みます。ゼリーは、食事に取り入れるのではなく、上手に間食で取り入れると良いです。

ページトップへ